むし歯や歯周病にならないために~歯周病・予防歯科~

  • ホーム > 
  • むし歯や歯周病にならないために~歯周病・予防歯科~

歯周病は歯を失う怖い病気

歯周病は歯を失う怖い病気

歯周病はプラークが原因となって歯ぐきに炎症が起こり、歯が抜け落ちたり、他の病気を引き起こしたりする怖い病気です。日本人の成人のうち約8割がすでにかかっているかその予備軍であるとも言われています。

初期段階では自覚症状がなく、気づかないことも多いので、知らず知らずのうちに進行してしまうこともあります。早期発見・早期治療で、健康な口もとを保てるよう、東急東横線「元住吉駅」徒歩3分の歯医者「オズ通り歯科医院」では、定期検診やメンテナンスを推奨しています。

歯周病を放置すると、たいへんなことに

歯周病は口腔内の病気ですが、放っておくと歯が失われるにとどまらず、体の他の部分にまで影響を及ぼし、糖尿病や脳卒中、心筋梗塞、肺炎、骨粗しょう症などの疾患を引き起こすことがあります。早産・低体重児出産のリスクも高めます。

歯周病の進行段階
軽度歯周病
軽度歯周病 歯茎が赤みを帯びている状態です。あまり自覚症状がありませんが、歯磨きをしたりフロスを使ったり、堅いものを食べたりした時に出血することがあります。
中度歯周病
中度歯周病 炎症が歯の根に向かって拡大し、歯周ポケットが深くなるため、プラークもたまりやすくなります。歯茎は炎症が進んで少し腫れぼったくなり、顎の骨が溶け始めている状態です。歯が浮いたような感覚や口臭、出血が多いなどの症状が現れ始めます。
重度歯周病
重度歯周病 炎症がさらに歯の根に向かって拡大し、歯周ポケットは歯の根の半分以上になります。歯茎は赤紫色やぶよぶよした状態になり、歯を支える骨が破壊されて歯がぐらついてきたり、抜け落ちたりします。出血することも増え、膿が出るなどして口臭もひどくなってきます。

担当衛生士制を導入

担当衛生士制を導入

当院では、患者さんごとに決まった歯科衛生士が担当し、それぞれの患者さんのお口の状態をしっかり把握しながらケアを行っています。

歯周病検査のススメ

オズ通り歯科医院では、歯周病の進行度合いをチェックするためのさまざまな検査を行っています。

歯周ポケット検査

歯周ポケット検査

歯と歯茎の間の溝、歯周ポケットの深さを専用の器具で計測し、歯周病の進行度合いを調べます。

歯の動揺度検査

歯の動揺度検査

ピンセットを用いて1歯ずつゆれ具合をみて、歯周病の進行度合いを調べます。

レントゲン検査

顎の骨をレントゲンで撮影し、骨の溶け具合から歯周病の進行度合いを調べます。

歯周病の治療法について

歯周病を放置すると、のちのち重大な疾患に進行することもあります。当院では、進行度合いに適した処置を行っています。

SRP
SRP スケーリング・ルートプレーニング。専用の器具で歯石やプラークを除去(スケーリング)し、歯根表面(ルート)を平(プレーニング)に仕上げ、硬くなめらかにしていく方法。歯周病の初期段階の治療に有効です。
フラップ手術
フラップ手術 歯茎を切開し、歯根を直接見えるようにして歯周ポケットの奥深くにある歯石やプラークやダメージを受けた歯肉組織を取り除く方法。重度の歯周病に有効です。

再生療法

重度の歯周病で破壊されてしまった歯周組織を再生させる治療です。再生により、歯を抜かずに済むようになります。

GTR
GTR 歯茎を切開して感染した組織を切除し、メンブレンという保護膜で空洞を作りながら骨が失われた部位を覆って清潔な環境で再生を待ち、数か月かけて歯肉を健康な状態にします。歯茎を健康な状態に戻し、歯を残すことができるようになります。
エムドゲイン
エムドゲイン 歯茎を切開して感染した組織を切除し骨が失われた部位に「エムドゲインゲル」という薬剤を塗布して再生を促す方法。歯茎を健康な状態に戻し、歯を残すことができるようになります。
CTG
  結合組織移植術といい、結合組織を歯肉の痩せた部分や陥没した部分に移植して歯肉の厚みを出す方法です。
FGG
  遊離歯肉移植といい、歯肉を歯根の周りに移植する方法です。

むし歯・歯周病は予防でリスク回避

むし歯・歯周病は予防でリスク回避

食べたり話したりするために大切な歯。一生、自分の歯で過ごしていくためには、病気や不具合が起こってから治療をするのではなく、未然に防ぐことが大切です。

予防歯科のメリット
プロの目でチェックし、プロの手でケアすることにより、問題を早期に発見したり、むし歯や歯周病になったりするのを未然に防ぐことができます。病気になってからの治療に比べ、費用も低く抑えられます。また、予防のための処置のほうが痛みは少なくて済みますし、定期的に行うことで見た目や口臭なども気にならなくなります。
予防に役立つ検査
当院では、むし歯や歯周病予防に役立つさまざまな検査を行っています。
定期検診

定期検診

むし歯や歯周病の有無や過去の治療部分の不具合をチェックしたり、歯磨きの指導を行ったりします。

プラークの染め出し

プラークの染め出し

染め出し剤を歯に塗り、2~3回うがいをした後、色が残った部分を確認し、磨き残しなどをチェックします。

唾液検査

唾液を採取し、唾液の量や口の中の細菌の数やphを調べることで、むし歯になりやすさを確認する検査です。チャートの数値から、個々に適した予防策がみえてきます。

当院の予防処置メニュー

当院では、下記の予防措置メニューをご用意しております。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

自宅で毎日行える予防として歯磨き。検査の結果などを踏まえながら、歯ブラシの選び方や適切な磨き方などを、オズ通り歯科医院の歯科衛生士がていねいに指導いたします。

フッ素塗布

フッ素塗布

高濃度のフッ素を塗布します。これによって歯の表面の歯質を強くしたり、むし歯菌から作られる酸の生成を抑えたりします。また、歯の石灰化を促すため、初期のむし歯なら健康な歯を取り戻すことも可能です。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

専門家による本格的な歯のクリーニングです。通常の歯磨きでは取り除けないプラークなどを、専用の機器を使い、徹底的に除去していきます。歯の表面をなめらかにして仕上げるため、汚れも再付着しにくくなります。また、軽い着色汚れなども除去できます。

生活習慣の指導

むし歯や歯周病リスクは生活習慣によって高まることもあります。患者さんのお話をお聞きしたり、口の中を診察したりすることで得た情報を元に、医師が改善点などをアドバイスします。

診療予約随時受付